SEOベース部分の見直し

新規求人サイトの設立や、新たなウェブコンテンツなどを立ち上げた際、なかなかインデックス化が進まないなどといったような現象が起こることもあるようです。そうこうしているうちに、時間的な問題で、解決してしまうことが多いのですが、ベースの部分での何かトラブルが起きているような場合は、その原因をまずは見つけることが重要です。インデックス化が、進まないとなると、実際には、検索エンジンに表示されることはありませんので、皆さん自身の作業自体に、単純ミスや凡ミスがないかどうかなどといったことを、まずは探ってみましょう。

場合によっては、内部的なリンクが存在していないというようなこともあるでしょう。また、サイト自体が、重すぎることで、クローラーの巡回が行えないなどといったような、基本的なトラブルも発生することもあるようです。そのような場合は、一旦画像や、動画を取り除き、軽くする処理を行ったり、ページの読み込みの高速化などを行ってみましょう。

実際に、データソースの重すぎるを運営することは、皆さんにとっても何のメリットもありません。皆さんのサイトを訪れるユーザーたちは、実際にトップページが表示されるまでに、3秒以内に完全に表示されなければ、その場を離脱してしまうなどとも言われているのです。

このような形で、基本的な、凡ミスを行っていないかどうかといった、ベースの部分から、まずはチェックすることが重要です。むやみにサイト内を、修正したりしてしまうと、元の状態に戻すことは、無駄な時間と労力を費やすことになってしまう可能性もあります。
また、SEO対策に関することでわからないことがあれば、初心者でもわかるSEO対策のページが東京SEOメーカーのサイトにありましたので、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です