「インタースティシャル」の使い方

皆さんは「インタースティシャル」と呼ばれるポップアップ広告はご存知でいらっしゃいますか?用語として「インタースティシャル」などと言っても、なかなか通じないかもしれませんが、実際にパソコンやモバイル端末の画面の中で、ポップアップしてくる広告であるなどと述べられると、そのイメージが沸くのではないでしょうか。場合によっては、表示している Web サイトページのコンテンツ全域を覆い隠すようなポップアップ広告は、サイトを使用しているユーザーにとって、かなり迷惑な広告であるなどとも、多くの人々が感じているようです。このようなインタースティシャルは、ユーザーたちを目的とされるウェブページへ案内したり誘導したりするために、使用されるものであります。実際には、ユーザーたちの本来の行動を妨げる報告とされ迷惑行為などといったようなレッテルも貼られているようです。このようなポップアップ広告が、表示されるウェブサイトのページは、 Google などからの評価が下がるといったような傾向が見られているようです。ですから、SEOの観点から言いますと、このような「インタースティシャル」は Web 制作においては、使用しないということが望まれているようです。また、下記のように、一部の例外の使用方法では、 Google において迷惑行為などといったような評価に値しないなどと判断されているようです●年齢確認などが法律上必要であるケースにポップアップ広告が使用される● 画面スペースに対して適切な大きさでありまた不要であればすぐに閉じることができる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です